目標を達成させるために、限られた「資金」と「時間」を効果的に使う方法

From:葉山拓哉

ある程度の資金が手に入ったら、どうすればいいのか?

ある程度の資金が手に入った段階で、資金と時間のバランス(費用対効果)を考えて、付加価値が最大化される地点を模索する必要があります。

例えば、資金のない旅は辛くなりがちですが、贅沢をしようとすると膨大な資金が必要になり、資金を手当てする時間が無駄になります。自分にとっての心地よい落としどころを探す必要があります。一日の予算が5000円なのか2万円なのかは人によります。

心地よさを感じながら、この金額を低くできるととても有利になります。自分が価値を見出す対象に集中し、無駄をそぎ落とすことに注力して下さい。

自分の目標を達成させるために、いくらの資金が足りないのか?

自分の目標に必要な金額を計算し、現状の財務状況と比較してください。後で資金が足りないということもなくなりますし、逆に稼ぎすぎたり(過剰な時間を投入しすぎたり)ということもなくなると思います。

これが出来ていないと、お金を稼いでいるようでお金に使われている段階にとどまってしまいます。

人間の欲望には際限がありません。その均衡点を自ら定義して下さい。お金はあくまで我々が達成したいことをするための道具でしかありません。道具を過剰にため込んではいけません。必要な道具を妥当な時間軸で用意できるか、必要になった時にいつでも作り出せるか、その方法を修得することが最も大事なことになります。

将来不安がますます高まる中、資金を手当てする能力の重要性は高まるばかりです。

収入源を多角化しよう

給与所得を高めることも重要ですが、副収入、投資収入等の収入源の多角化が重要です。

特に、給与所得と違い、自分の時間を使わずとも収入が生まれる収入源は大変強力です。配当、家賃、自動化が進んでいる事業収入等、収益機会の多角化を進めてください。

外部環境の変化を読みながらこれらに取り組むと成功の確率が高くなってきます。あらゆる投資は自分を律し、相場を張る行為であり、自己成長への良い機会ともなります。

自分の時間の価値を明確にしよう

自分で資金が作れるようになると、あなたの時間の価値というものが明確になって来ます。

年2000時間稼働する人で年収2000万であれば時給1万円ですし、1000万であれば時給5000円となります。

この数字が出てくると、あなたの行動基準がより明確になります。自分の時給より低い経済活動は全て非効率となりますので、対応への検討さえする必要がないと分かるようになります。

そして、自分の時間の価値より経済的価値が高い活動に従事するようになれば、どんどん豊かになれます。

この軌道を模索して、お金だけに追われない時間的にも豊かな人生となるように意義深い人生を送りましょう。

私は自分の時間の価値より有益なことにしか取り組みません。

自分で制約を課し活動が限られる分、行動基準がとても明確になります。一方で制約の中で活動を規定していかなくてはなりませんので、次の段階に向けた活動をどうするか毎日楽しく頭を悩ませ、脳の皺が増えるほど思考を張り巡らしています。

まずは、あなたの時間の価値を算出してみましょう。そして、それを高める方法を模索していきましょう。

時間と資金の均衡点を意識した人生を送り、一度限りの人生を最高に充実したものにしましょう。

投稿者プロフィール

葉山 拓哉
葉山 拓哉国際金融コンサルタント、投資家
世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。

【無料レポート】GetRichSlow(着実に豊かになる方法)

世界銀行グループの元職員。140ヶ国を歴訪したお金のプロが教える「お金」と「会社」から自由になる方法



すべての無料レポートは、こちらかダウンロードすることができます。

この記事が気に入ったら いいねしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。