成功と失敗とを分けるたった2つの考え方とは?

From:HIRO

今回は、成功と失敗とを分けるたった2つの考え方について、紹介したいと思います。

よく聞く話かもしれませんが、あなたはコップに関するこんな話を聞いたことはないでしょうか?

よくあるコップの話

コップに水が半分入っています。あなたは、どちらの考え方をしますか?

A:コップに半分しか水が入っていない

B:コップに半分も水が入っている

多くの人は、「A:コップに半分しか水が入っていない」と考えます。

これは、人間の欲望に基づく自然の摂理です。

人間は基本的に欲深い生き物で、常に「もっと欲しい」と考えがちですので「A:コップに半分しか水が入っていない」と回答する確率が高くなるのです。

成功と失敗とを分けるたった2つの考え方とは?

同様に、あなたが何かに挑戦する時、成功と失敗とを分ける考え方はたったの2つしかありません。

成功すること、成功している人や会社、成功している人の想像力や新しいアイディア、そして、成功している人が生み出したことを「自分にもできる証拠」と思うか、「自分にはできない証拠」と思うか、あなたの成功と失敗とを分けるのは、この2つの考え方のどちらを選択するかにかかっています。

どんなに成功する確率が高そうな事例やデータがそろっていても「自分には無理」と考えて、「自分にはできない証拠」と解釈してしまう人がいます。

逆に、どんなに事例やデータがなくても、「事例やデータがないということは、まだ、誰も気づいていないということだ。チャンスだ!」と考えて、「自分にもできる証拠」と解釈できる人がいます。

どちらが良い悪いということは、ありません。

なんでもかんでも、「自分にもできる証拠」ととらえて、何にでも首を突っ込んで試していたら、時間がいくらあっても足りませんし、すべてが中途半端になってしまう可能性もあります。

逆に、なんでもかんでも「自分にはできない証拠」ととらえて、何でも疑っていたら、何事も成し遂げることはできないでしょう。

人生は常に、バランスが大切です。

まとめ

最後に、アムウェイ共同創業者のリッチ・デヴォス の言葉を紹介したいと思います。

私たちがやってきたこと、今やっていることに、不思議なことは1つもない。それをそのままマネしたり、どうにかしてもっともうまくやろうとする人がいないだけだ。みんな苦労せず、やるべきこともやらず、システムもないのに結果ばかり求めている。そういう面談なことの大切さを無視して、ただ簡単に短期間で成功したいだけなんだ。だから、失敗するんだ。

あなたの最大の敵は、安易さや近道を求める、その気持ちの持ち方にあります。

この2つの考え方は、僕自身も常に注意を払い、何事にも慎重にチャレンジしていきたいと思います。

あなたもぜひ、何かのチャンスに出会ったら一度、立ち止まって、自分の心の中にあるこの2つの考え方について考えてみてください。

きっと、後々、後悔することがない、素晴らしい選択・決断をすることができるはずです。

投稿者プロフィール

HIRO
HIROセールスライター/Webマーケッター
24時間、365日、休まずに働き続けることができるオウンドメディア(自社メディア)とランティングページ(Web上の営業担当者のようなもの)を作成し、クライアントと一緒に試行錯誤を繰り返しながら成長させることを得意とする。

また、副業からセールスライターを目指すことを推奨し、副業で本業以上に稼ぐだけでなく、副業で学んだことを本業に活かして、顧客思考の「マーケティングに強い会社」を多数作り出すことをライフワークとしている。

【無料レポート】GetRichSlow(着実に豊かになる方法)

世界銀行グループの元職員。140ヶ国を歴訪したお金のプロが教える「お金」と「会社」から自由になる方法



すべての無料レポートは、こちらかダウンロードすることができます。

この記事が気に入ったら いいねしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

24時間、365日、休まずに働き続けることができるオウンドメディア(自社メディア)とランティングページ(Web上の営業担当者のようなもの)を作成し、クライアントと一緒に試行錯誤を繰り返しながら成長させることを得意とする。 また、副業からセールスライターを目指すことを推奨し、副業で本業以上に稼ぐだけでなく、副業で学んだことを本業に活かして、顧客思考の「マーケティングに強い会社」を多数作り出すことをライフワークとしている。