投資で成功する心構え(好機を待つ)

From:葉山拓哉

あなたは投資で成功する心構えを考えたことがありますか?

いろいろな教えがありますが、本サイトでは長期で着実に収益を上げることを主眼にした運用を推奨しています。

そのため、好機を積極的に待つという点をお話したいと思います。

初心者が投資を始めるタイミングとは?

初心者の方に投資を始めるタイミングについてよく聞かれます。

「今すぐに準備を始めるのが望ましいが、実際に投資をする(株式等を実際に購入する)のは、好機が来るまで待つのが良い。」とお答えしています。

これはどういうことでしょうか?

新聞等で株式が連日高値を更新といったようなニュースが出ると誰でも株式投資に興味を持ちます。

株主優待の特集が組まれて、株価も上がってきていると書かれていれば、乗り遅れた感じさえしてしまいます。

しかし、強気のニュースが目立つ場合は、少し過熱感が出ている局面の可能性も高く、投資の好機ではないことが多いものです。市場が良い時は皆が(あなたも含めて)買いたい時です。そんな時は価格も上がってしまっています。これでは、なかなか勝てません。

翻って、皆が悲観的になっているときは好機の可能性があります。

買い手が少ないため、価格も調整し、買いやすい水準になっています。過度な悲観であれば、時間の問題で解消されます。もちろん、皆が悲観的な時に一人で買いに向かうのは大変な勇気が要ります。また、悲観が本当に正しくて状況は悪化する一方で損が膨らむだけかもしれません。しかし、人の逆を行かない限り、なかなか有利な条件では取得できません。

これは、いろいろなことに共通します。

この5月の連休に旅行をされた方は、どこも混んでいて、宿泊費等が高かったはずです。1週間ずらしていれば、空いていてかつ安くいくことができたはずです。効用は圧倒的に高くなります。人の裏を行くメリットは非常に大きいのです。

営業活動が上手くいくタイミングとは?

人間関係も同様の側面が多々あります。営業活動が上手くいく時はいつでしょうか?

相手が困っている時に、問題を解決する提案をすれば上手くいく可能性がぐっと高まります。

相手に需要がない時に、無理に提案をしてもなかなか評価は付いてきません。

異性へのアプローチの効果的なタイミングとは?

あなたが異性にアプローチする時も同様です。あなたが行きたい時ではなく、相手が来て欲しい(来られても良い)と思っている時に行くことが重要です。

好機を捉える方法

好機を捉えるためにはどうすべきでしょうか?

それは今すぐに準備を始め、狙いを定めておくことです。

FXであれ株式投資であれ、まずは口座開設と入金が必要です。買いたいと思ってから、これらの手続きを始めていては遅すぎます。

また、何をいくらでどの分量を買いたいのか、事前に狙いを定めておかなければ、有利な条件の投資が何かそもそも判断することができません。

そして、定期的にモニターし、機会が訪れたら即座につかむことです。好機は通常長くは続きません。他の人が有利な条件で放置されていることを見つけたらおしまいです。

優れた物でも世の中は循環していますので、一時的に評価がされない時があります。

それこそが、投資の好機です。

その時が来るまで万全の準備をしつつ、待ちましょう。

この心構えが身につけば、あなたが投資で勝つ確率は高くなります。これは言うは易しで、実行するには勇気が要りなかなか大変ですが、早速挑戦してみて下さい。

最初は小さい金額から始めて、徐々に経験を積み、大きな金額でも勇気を持てるように鍛錬を続けましょう。経験は自信となり、勇気ある投資判断をすることができるようになります。そうすれば、利益が出るようになるでしょう。

資産運用に自信が出てくれば、あなたの長期的な資産形成上強力な武器になります。

巷で言われている老後の不安が大きく減少しますし、過度に貯蓄に励む必要がなくなります。

資産運用はすぐに上手にできるようにはなりません。

お金の話なので、政治・経済・欲望とあらゆる要素が複雑に絡み、理解を深めるのにどうしても時間がかかります。

今すぐ始めて、技術に磨きをかけ、未来を明るいものとしましょう。

投稿者プロフィール

葉山 拓哉
葉山 拓哉国際金融コンサルタント、投資家
世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。

【無料レポート】GetRichSlow(着実に豊かになる方法)

世界銀行グループの元職員。140ヶ国を歴訪したお金のプロが教える「お金」と「会社」から自由になる方法



すべての無料レポートは、こちらかダウンロードすることができます。

この記事が気に入ったら いいねしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。