秘・資産形成術 (著者:マイケル・マスターソン)の感想

From:HIRO

「とてもじゃないけど、何十年も待てないよ!」短期間で、十分な資産を築きたいと本気で考えているあなたへのメッセージ

私が「7年以内に最低1億円の個人資産を作ることができる」と言った時、みんなは私を笑った・・・。でも、その方法を詳しく話し出した途端に・・・!

From:秘・資産形成術(著者:マイケル・マスターソン)の前書きから引用

僕はまだ35歳になっていないが・・・。

フロリダの、大西洋まで100歩の場所に100万ドル(訳注:1ドルは約110円前後、2016年6月時点)を超える家を所有している。読者がこの本を手にする頃には、すでにローンを払い終えているだろう。

債務を返済し、多額の投資ができているのは、この本の著者のおかげだと言っていい。彼は、他の人にしてきたのと同じように、収入と純資産を飛躍的に増やす正しい方法を僕に教えてくれた。今の生活は本当に素晴らしい。

だが、ずっと順調だったわけではない。

23歳のころは、純資産ゼロで、給料は年に2万3500ドルだった。もっといい仕事を探していたとき、ある仕事の面接で出会ったのがマイケル・マスターソンだった。僕は、彼がコンサルタントをしている会社にポストを得た。

それからすぐ、僕はマイケルのテクニックや戦略を使って資産形成を始めた。彼が長年に渡り数々のビジネスで成功を収めて(時には失敗して)きたことを、僕は知っていた。

彼を見ていると、「うまくやる」ためには何が必要かを、現実的に細かく分析しているのがわかった。彼から学んだことを成功への近道として使えば、間違いを避け、正しい判断をすることができると思った。

彼の指導に従うと僕の財務状況はすぐに変わった。昇進するためには何をすればいいかが正確にわかっていたので、後は実行あるのみだった。

利益は毎年増えていった。事実、この5年で純資産は10倍になった。その間、、株にはまったく頼っていない。

僕が資産形成の軌道に乗れたのはマイケルのおかげだ。今でも影響を受け続けている。そして、彼の影響は蓄財の分野にとどまらない。マイケルは、どうすればあらゆる意味で豊かな生活を送れるかについて、僕が知る限り他の誰よりも多くを時間を費やして考えている。

例えば、彼は1年の初めに、生活の4つの主要な分野について、それぞれ大きな目標を立てることを勧めている。健康、財産、私生活、社会生活の4分野だ。目標は「大きく、かつ具体的」でなければならないと彼は言っている。繰り返そう。僕は彼のアドバイスに従ってきた。

大みそかに僕は、大きく、具体的な目標を立てる。後でごまかさないために、その目標を、僕が出しているニュースレター「トゥルー・ウェルス(True Wealth)」の10万人を超える読者に公表する。これまでのところ目標はすべて達成してきている。そのうえ、自分にできるとは思っていなかったことまで実現してきた。

もちろん、成功するためには現実に努力しなければならない。成功に必要なのは、マイケルのアドバイスを読むだけでなく、自分自身が積極的に取り組むことだ。ただ、僕の経験から言うと、彼は成功にたどり着くために何が必要かを正確に知っている。彼自身が何度もやり遂げてきたからだ。

本書は、人によっては絵空事に思えるかもしれない(もちろん、すでに数千万ドルの純資産を持っている人は別だが)。だが、マイケル・マスターソンの言葉ほど信頼できるものはないのである。

スティーブ・ジュガード
ニュースレター「トゥルー・ウェルス」編集者

マイケル・マスターソンとは、どんな人なのか?

マイケル・マスターソン

年商100億円以上の会社を2社、50億円以上の会社が2社、10億円以上の会社を10社以上保有、ダイレクト・レスポンス・マーケティングの世界で屈指の実積を誇るスーパー起業家。

その事業構築手腕は多くの起業家、マーケッターから高く評価され、推薦文等を書くことがないジェイ・エイブラハムが本書に序文を寄稿するほど。

コンサルタントとしての経験も豊富で、情報出版、投資アドバイス、健康・栄養、バー、レストラン、店舗用家具、美術品販売、塗装、大工、プール建設、広報、キャリア開発、 宝飾品、香水・化粧品、装身具、ベビー用品、カセットテープ講座、雑誌、ニュースレター、本、不動産開発、賃貸不動産管理、スポーツ・フィットネスなど数々のプロジェクトを 成功に導いている。45万人の会員を誇るメールマガジン「Early to Rise」の発行人でもある。

7年以内に最低1億円の個人資産を作る「㊙︎資産形成術」だって?

7年以内に最低1億円の個人資産?そんなこと、本当にできるの?

今回、あなたに紹介する本は「最低でも7年以内に、あるいはもっと短い期間で1億円の個人資産を作る方法」が書かれた本です。

最初、僕がこの本を手にした時、正直、

「こんなことが、本当に可能なのか?」

と疑いました。

7年以内に1億円の個人資産を作るなんて普通に考えてみて、絶対無理に決まっています。

だって、このご時世で、会社で昇給することは難しいですし、昇給できたとしたって、その額はたかが知れています。わずかな昇給と引き換えに、ストレスのかかる膨大な仕事をやらなければならないかもしれません。

また、株などに投資したって、そんなに利回りが良い案件なんて今時、考えられません。

僕はこれまでに、いろいろな資産形成に関する専門家の呼ばれる人たちの本を読んできましたが結局は、

  • もっと、倹約すれば、お金持ちになれる・・・。
  • もっと、世界情勢、経済環境のことを勉強すれば、お金持ちになれる・・・。
  • この株がいい、FXがいい、外為が熱い・・・。
  • 投資をするためには、もっと軍資金を貯めなければならない・・・。

という結論ばかりで正直、「またか・・・」と思って、がっかりしていました。

専門家の人たちから見れば、僕はダメな人間だと思いますが、僕の本音はいつも、

「それができないから、困っているんじゃないか・・・」

という心の声を繰り返しているのです。

資産形成の話は、ダイエットの話に似ています。

まだ、本気の決意まではできてないけど、痩せようと思って必死で情報を探している人に、

「ダイエットをするためには、食べる量を減らして、運動をすればいいんだよ」

と言われても、何も響いてこないのです。

そんなことは、誰でも頭では分かっています。でも、それができないから困っているんです。

そして、僕たちは専門家には、そんな自分たちの気持ちを分かってもらえて、その上で、導いて欲しいと密かに期待しているのです。

だから、どんなに理路整然としていても、自分たちの状況や気持ちを理解、共感することができない専門家の意見を聞けば聞くほど「あなたと私は違う!」というように、反発の気持ちを覚えてしまうのです。

僕たちが欲しているのは正直、理屈ではありません。

資産形成に関するアドバイスであれば、僕たちが本当に知りたいものは、その人の生き方や体験談を含めたリアルな話なのです。

そうした姿を知ることができれば結局、その専門家の主張が、

「資産形成をしたければ、お金を使わずに貯金すればいいんだよ」

という当たり前なことであっても、何かしらの影響を受け、「よし!自分もやってみよう」という気持ちになるかもしれません。

前置きが長くなってしまいましたが、僕はこういう気持ちでいっぱいの時に、秘・資産形成術(著者:マイケル・マスターソン)に出会いました。

実体験に基づく「7年以内に1億円の個人資産を作る方法」

一体、どうやって、7年以内に1億円の個人資産を作るんだ?

僕が、この秘・資産形成術(著者:マイケル・マスターソン)を読み始めた動機は、まるで、肝試しをするかのような好奇心からでした。

しかし、いざ読み進めていくと、体が沸騰するような高揚感に包まれていきました。

なぜなら、読み進めていくうちに不思議と、

「本当に自分にもできるかもしれない」

と思えてきたからです。

最初に断っておきますが、秘・資産形成術(著者:マイケル・マスターソン)の中には、神頼みや運頼み、それから法律スレスレの姑息な方法のようなものは、一切書いてありません。

極めて、当たり前のことが書かれています。

でも、秘・資産形成術(著者:マイケル・マスターソン)が他の書籍と決定的に違うのは、この本の著者であるマイケル・マスターソン氏が金持ちになると決意して、実際に行ってきたことの一つ一つが、包み隠さずに具体的かつ詳細に語られていることにあります。

つまり、物凄いリアリティがあり、自分にもできるのではないかという気持ちにさせてくれるのです。

しかも、凄いことが、その方法はマイケル・マスターソン氏だけに限られるものではなく、彼からアドバイスを受け実践した人が何人も現れているという事実にあります。

つまり、秘・資産形成術(著者:マイケル・マスターソン)で語られていることには時代を越えた再現性があり、あなたにも私にも実践可能だということです。

これ以上、多くを語りません。

僕はあなたに秘・資産形成術(著者:マイケル・マスターソン)をぜひ、手にとって読んでもらいたいと思って、この記事を書いています。

そして、どんなに僕が、この記事で秘・資産形成術(著者:マイケル・マスターソン)のことを熱く語ろうとも、あなたから見れば、いち読者の意見に過ぎないことは十分に分かっています。

でも、1冊の本との出会いが、人生を一変させることは確かにあるのです。

あなたも僕と同じように、これまで生きてきた中で、何度かは偶然に手に取っただけの1冊の本が、その後の自分の生き方を変えてしまったという体験をしてきているはずです。

この記事は、そのきっかけに過ぎません。でも、そんな些細なきっかけを掴むことこそが、人生を大きく変える可能性を秘めているのです。

その可能性を活かすも殺すも、試すも無視するも、結局はあなた次第です。

もし、あなたが心から現在の状況を変えたいと本気で願っているのなら、あなたの目で秘・資産形成術(著者:マイケル・マスターソン)を試してみることをオススメします。

この本には、出版業界としては普通、ありえない「90日間の完全返金保証」がついています。しかも、本に何かを書き込んでいても、折り曲げていても電話一本、メール一通で全額返金してくれるから驚きです。

今すぐに下のオレンジのボタンをクリックして、お試しください。「90日間の完全返金保証」付き。秘・資産形成術(著者:マイケル・マスターソン)を今すぐにお試しすることに、あなたが負うべきリスクは一切ありません。

↓↓↓

投稿者プロフィール

HIRO
HIROセールスライター/Webマーケッター
24時間、365日、休まずに働き続けることができるオウンドメディア(自社メディア)とランティングページ(Web上の営業担当者のようなもの)を作成し、クライアントと一緒に試行錯誤を繰り返しながら成長させることを得意とする。

また、副業からセールスライターを目指すことを推奨し、副業で本業以上に稼ぐだけでなく、副業で学んだことを本業に活かして、顧客思考の「マーケティングに強い会社」を多数作り出すことをライフワークとしている。

【無料レポート】GetRichSlow(着実に豊かになる方法)

世界銀行グループの元職員。140ヶ国を歴訪したお金のプロが教える「お金」と「会社」から自由になる方法



すべての無料レポートは、こちらかダウンロードすることができます。

この記事が気に入ったら いいねしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

24時間、365日、休まずに働き続けることができるオウンドメディア(自社メディア)とランティングページ(Web上の営業担当者のようなもの)を作成し、クライアントと一緒に試行錯誤を繰り返しながら成長させることを得意とする。 また、副業からセールスライターを目指すことを推奨し、副業で本業以上に稼ぐだけでなく、副業で学んだことを本業に活かして、顧客思考の「マーケティングに強い会社」を多数作り出すことをライフワークとしている。