あなたの人生の「目標」を発見する方法

From:葉山拓哉

一度しかない人生で、本当に自分がやりたいことを見つけるには?

意義深い人生とするには目標の設定が不可欠です。

まず、何をしたいか突き詰めることが必要です。例えば、10億円あればどうしたいか考えてみてください。

資金の制約がない時にしたいことは本当にしたいことである可能性が高いです。そして、それをなぜしたいのか突き詰めてみてください。強い想いのない目標は結局長続きできず、達成できません。

まずは、達成したいことを突き詰めて考えて、目標を明確化することこそが重要です。

若い人であれば、目標は大きく持ちましょう。そして、長寿化社会ですので、30代以上の人でも、10代、20代の人に負けないような野心的な目標を設定しましょう。一番重要なのはワクワクするような目標です。このワクワク基準で人生を塗り替えていきましょう。

私の人生のテーマとは?

私の場合は知的好奇心が人生のテーマです。

幾分変わった家庭環境であったため、幼少時より人との違いを感じ取らざるを得ず、その背景はなぜかという問いを終始突き付けられ、世の中の仕組みに考察を深めていく習慣が自然と出来上がりました。

その延長線上で世界中のあらゆる自然、文化、民族、動植物を実際に見て感じたいという強い欲求が生じ、また、世界を代表する国際機関で活躍したいという気持ちが生まれました。

今後は世界全200カ国への訪問、全大陸最高峰への挑戦、宇宙旅行を予定しています。

インターネットを通してほとんどの情報を机上で得られるようになった現代だからこそ、経験に重きを置いた人生とも言えます。五感を全開にする体験は表層的な理解と異なり、人工知能の革新が進み人類を多様な分野で凌駕していく中でますます重要性を高めていくとも考えています。

資金が大きな制約になる目標ですので、広範で高度な金融及び経済に関する専門知識の習得、高い語学力の養成等の自分への投資を惜しまず、まずは資金力を手にできる能力を養いました。

結果、国際舞台での活躍という目標も途中で達成することが出来ました。世界を主導する国際機関は採用が極めて限定的なために、天文学的な倍率となり選考は超難関です。数百倍を軽く超える倍率になると、能力もさることながら、面白い人物かということが徹底的に問われます。

私の場合は、全世界周遊の過程を通して、誰よりも実体験として新興諸国について知っていることもあり、非常に説得力のある話がしやすかったのです。継続は力なりであり、信ずるところに道が出来たと思います。

また、旅行のように一般的には娯楽と捉えられることでさえ、一つのことを突き詰め、一定の水準に達すると社会からの敬意及び信頼を与えられるようになります。粘り強さ、実行力の証左はその人のブランドとなります。

自己投資は最大の投資

加えて、自分への投資以上に確実性の高い案件はあまりないと思います。

他者への投資と違い、自分の統制下に置けることが非常に大きいですし、上手く行かなかったときの納得感も高いと考えます。自分への投資が軌道に乗ってきたら、自分の時間を使わずとも収入が生まれる資産所得等を持てるように他の投資をすべきです。収入源の多角化で、資金の制約がかなり解決されると思います。

投稿者プロフィール

葉山 拓哉
葉山 拓哉国際金融コンサルタント、投資家
世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。

【無料レポート】GetRichSlow(着実に豊かになる方法)

世界銀行グループの元職員。140ヶ国を歴訪したお金のプロが教える「お金」と「会社」から自由になる方法



すべての無料レポートは、こちらかダウンロードすることができます。

この記事が気に入ったら いいねしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。