衰退国家日本から自分の資産を守るためのFX活用

今日はFXの外貨預金的な利用方法をご紹介し、日本円の衰退から資産を守りながら、増やす方法をご紹介します。

通貨は発行する国家の国力を裏付けとするものなので、中長期的に見ると、我国の通貨は緩やかに弱体化するというのが残念ながら、一般的な考え方です。そこで、外貨を持つことは資産防衛、資産拡大にますます有用になるでしょう。

FX(外貨証拠金取引)と聞くと怖い、危険という印象を持たれる方も多いでしょう。しかし、資金効率を考えると最も有利な外貨運用手法の一つです。

FX(外貨証拠金取引)が危ないと思う理由

まずFXが危ないと思う理由は、おそらく、そのレバレッジを利用した取引特性による連想でしょう。

証拠金を入れることでその何倍もの取引ができるのがFXの特徴です。レバレッジ(日本語では梃子、金融の専門用語では借入比率の意)が25倍というような取引会社もたくさんありますので、たった4万円を入金することで100万円の取引が出来るようになります。

これはどういった意味を持つのでしょうか?

例えば、1ドル100円を想定し、4万円で100万円分のドル(10,000ドル)を購入し、レバレッジ25倍の取引を開始します。

仮にドルが1%安くなると、10,000ドルは99万円の価値になってしまい、1万円損してしまいます。1%の動きで25%損が発生することになります。これは、証拠金の25倍の大きさの金額にレバレッジを効かせた金額の取引をしているためです。この事例ですと4%動くと、証拠金が倍(100%増)もしくは0(100%減)になるということです。

実際には証拠金が0になる前に一定の比率を下回ると強制転換されて、取引終了となっていまいます。そのため、追加の証拠金を投入するようにまずは警告が出ます。

このレバレッジを使った取引は確かに危険を伴います。

自己資金の25倍での取引は資金を効率的に稼ぐうえでは効果的ですが、失敗した際の打撃が非常に大きくなってしまいます。為替は通常はそれ程動きませんが、市場を動揺させる大事件があると1日で何円も動く日が年に数日あります。そのため、証拠金取引で破産する事例も多く、危険という印象が生まれていることが想定されます。

また、株式よりFXのトレードの方が一般に短期取引であり、また運の要素が強く、圧倒的に難しいと言われています。プロのトレーダでも継続的に勝ち続けるのが難しいのがFXです。

FXを外貨預金感覚で利用する運用とは?

一方で、外貨預金というと高金利ということで安全な印象を持っている方が多いでしょう。しかし、一般に外貨預金は為替の取引手数料(スプレッド)が高く(ドル円の両替で片道50銭や1円取られる金融機関が多くあります。)、スプレッドを考えるとなかなか利益を上げることはできません。

そこで、私が提案するのはFXを外貨預金感覚で利用する運用です。

FXであればスプレッドは円ドルであれば0.2銭や0.3銭とほとんどタダです。また、日本円から外貨預金をする場合は、低金利通貨(円)で高金利通貨(の外貨)を購入することになりますが、FXであればスワップ金利という金利がもらえます。

高金利で有名な南アフリカランドの例ですと、2017年3月25日現在でスワップ金利が1日16円です。

1南アフリカランドが8.95円ですので、(16×365)/(8.95×10,000(スワップ金利計算時の通貨単位))で6.52%の金利が得られることになります。為替手数料等が非常に小さいことを考えるととても有利ではないでしょうか?

豪州ドルであれば同様に(50×365)/(84.88×10,000)で2.15%です。ブルームバーグによると豪州10年国債の金利が2.75%ですので、低い取引費用を考えるとFXがとても有利なことがお分かりになるかと思います。

そして、FXではレバレッジを使わずに皆さんが欲しい金額だけを取引すればよいのです。つまり、レバレッジが25倍であってもレバレッジを使わずに取引するのです。そうすれば、証拠金の大きさは必要な金額の25倍になり、とても健全な状態ということなります。これで外貨預金と同様の安全性になります。

また、売買の手数料が非常に低いので、高い・安いが明らかなときには積極的に利益確定を行い、利益を出していくことをお勧めします。普段はスワップ金利で金利を稼ぎ、利幅が乗ってきたら売買を行い、利益を確定するという流れで利益を着実に上げていくのです。

高い・安いの判断ですが、新聞等でも何カ月ぶり、何年ぶりに高い・低い水準というのが出るので参考になりますし、過去10年分くらいの値動きを見てみると水準観が分かると思います。そして、大体一定の幅の中で動いているのが分かると思います。

山と谷に近い水準で取引すれば、利益を上げやすいでしょう。短期の取引ではなく、あくまでスワップ金利を狙った中長期の取引の中で、たまに売買するというのが勝ちやすいです。

まとめ

ギャンブル性の高いFXですが、上記の様に外貨預金感覚で有利に安全に利用することで、不安やストレスをおさえながら、着実に利益を確保していきましょう。

そして、日本円が金利の急騰等で苦境に陥った時、外貨を持っていることをあなたは感謝するでしょう。

FX運用に興味を持たれた方は是非こちらの記事もお読みください。

投稿者プロフィール

葉山 拓哉
葉山 拓哉国際金融コンサルタント、投資家
世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。

【無料レポート】GetRichSlow(着実に豊かになる方法)

世界銀行グループの元職員。140ヶ国を歴訪したお金のプロが教える「お金」と「会社」から自由になる方法



すべての無料レポートは、こちらかダウンロードすることができます。

この記事が気に入ったら いいねしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。