起業の不安を解消するための「一番のルール」とは?

From:HIRO

あなたは「起業家」と聞いてどんな人物を思い浮かべることができるでしょうか?

誰もが発想できないような、人並み外れた発想力でしょうか?

リスクを恐れず、物事に果敢にチャレンジする人物でしょうか?

どんな批判や試練も乗り越え、粘り強く戦うことができる人物でしょうか?

常に精力的に動き回り、どんな商品やサービスでも売って見せるスーパーセールスマンでしょうか?

成功する起業家の条件とは?

実は、起業に成功する起業家は、こういった世間が抱く人物像とは、真逆のものです。

臆病者のための科学的起業法(著者:マイケル・マスターソン)の中で、著者であるマイケル・マスターソン氏は、このようにアドバイスしています。

立ち上げたビジネスが実績を積み採算が取れるようになるまでは、仕事を辞めようなどと考えてはいけない。

自分の製品が優れているかどうかを見極める基準はただ1つ。売れるか売れないかだ。実際に売ってみれば、結果はすぐ出る(大半の製品は、発案者やその家族が思うほど素晴らしくはない)。これぞまさに、不安を抱える起業家にとって非常に重要な策である。臆病者のための科学的起業法(著者:マイケル・マスターソン)

つまり、成功する起業家とは、世間の人々が抱くような破天荒な人々ではなく、非常に慎重で臆病な人々なのです。

起業をしたいのなら、すぐに仕事を辞めてはならない

多くの人は、起業と聞くと、会社を辞めることを思い浮かべてしまいますが、絶対に仕事を辞めてはなりません。

よく、起業家のアドバイザーと呼ばれる人は、「背水の陣」を敷かなければならない、みたいなことを言う人がいますが、これは僕にとっては無責任極まりないアドバイスだと思います。

恐らく、こういったアドバイスをする人は、このように考えているのではないでしょうか?

『「背水の陣」を敷けば、必然的に追いこまれるので、会社を辞めるべき』

この意見は極端です。そして、僕からしたら危険極まりない考え方だと思います。

だって、会社を辞めてしまったら、そんなに潤沢ではない資金が徐々に減っていく恐怖と戦わなければなりません。

起業当初はただでさえ、ハードワークをしなければならないのに、そこに資金が目減りしていく恐怖が加わったら、仕事どころではありません。自分で自分の首を絞めるようなものです。

想像してみてください。

あなたは、追い詰められた状態で、世の中のこと、そして目の前の見込み客のことを第一に考えることができるでしょうか?

きっと、世の中や目の前の見込み客のことよりも、「食うためには仕方がない」と自分自身の欲求を満たすことを優先してしまうのではないでしょうか?

まず、自分自身を満たす。それから、他人を満たす

僕たちは凡人です。少なくとも、僕はあなたよりも凡人だと思います。

マザーテレザやガンジーのように、世界を変えた偉人であれば、たとえ、自分自身が満たされていなくとも、世の中のために、それから、目の前の苦しむ人のために尽くすことができるかもしれません。

しかし、あなたも僕も、紛れもなく凡人です。

世の中に、そして、目の前の人に本当に貢献したいと思うのなら、まず、何よりも自分自身を満たす必要があります。世の中のこと、目の前で困っている人のことは、その後です。

こんなことをはっきり言うと誤解されるかもしれませんが、これは僕の経験からくる確信です。

人間はそれほど強くありません。でも、それほど弱くもありません。

僕たち生身の人間は時には強くなったり、弱くなったり、そんな不安定な中で、バランスを取りながら生きているのです。

起業の不安を解消する一番のルールとは?

起業の不安を解消するための一番のルールとは、今の仕事を辞めないことです。

生活の糧は今の仕事から得て、少しずつでもいいので、起業の準備を確実に行うことこそが、起業を成功させる秘訣であり、起業の不安を解消する一番のルールです。

これは世間のイメージとは逆行しますが、多くの成功した起業家が持つ重要な資質なのです。

まとめ

もし、あなたが世間のイメージとは全く違う、でも紛れもない事実に基づいた起業法を学びたいので思うのであれば、臆病者のための科学的起業法(著者:マイケル・マスターソン)を手に入れて、今すぐに読んでみてください。

きっと、あなたが今までに頭の中で描いていた起業家のイメージは崩れてしまうと思いますが、臆病者のための科学的起業法(著者:マイケル・マスターソン)を読むことにより、あなたにもできる確実で着実な起業法を手にすることができるでしょう。

投稿者プロフィール

HIRO
HIROセールスライター/Webマーケッター
24時間、365日、休まずに働き続けることができるオウンドメディア(自社メディア)とランティングページ(Web上の営業担当者のようなもの)を作成し、クライアントと一緒に試行錯誤を繰り返しながら成長させることを得意とする。

また、副業からセールスライターを目指すことを推奨し、副業で本業以上に稼ぐだけでなく、副業で学んだことを本業に活かして、顧客思考の「マーケティングに強い会社」を多数作り出すことをライフワークとしている。

【無料レポート】GetRichSlow(着実に豊かになる方法)

世界銀行グループの元職員。140ヶ国を歴訪したお金のプロが教える「お金」と「会社」から自由になる方法



すべての無料レポートは、こちらかダウンロードすることができます。

この記事が気に入ったら いいねしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

24時間、365日、休まずに働き続けることができるオウンドメディア(自社メディア)とランティングページ(Web上の営業担当者のようなもの)を作成し、クライアントと一緒に試行錯誤を繰り返しながら成長させることを得意とする。 また、副業からセールスライターを目指すことを推奨し、副業で本業以上に稼ぐだけでなく、副業で学んだことを本業に活かして、顧客思考の「マーケティングに強い会社」を多数作り出すことをライフワークとしている。