人生に彩を添える旅:大自然編(アメリカ大陸)

From:葉山拓哉

私は大自然、特に地形が好きです。人類の古代文明、遺跡、野生動物も大変興味深いですが、大自然は億年単位の悠久の時間を感じさせるもので、時間軸が桁違いです。各大陸にそれぞれ異なった素晴らしい大自然が広がっているとは思いますが、やはりアメリカ大陸、特に南米大陸が個人的には一番と考えています。

南米大陸には多様な世界級の大自然があります。世界最大河川、熱帯雨林を誇るアマゾンに始まり、世界最大瀑布のイグアスの滝、世界最大級の氷河、ヒマラヤに次ぐ高さを誇るアンデス山脈もあります。更に、ガラパゴス諸島やイースター島の独自の島々もあります。

また、ベネズエラにある、地球のヘソとして(大陸移動に影響を受けることなく、大陸誕生時と同じ位置で)、また、その特殊な形状から古大陸のままの環境を保っている唯一の大地であるテーブルマウンテン(本サイトのコンセプトページ、Facebook、Twitterの背景写真です)は形からその神秘性が際立っています。地上から1,000m、2,000m垂直に天に伸びる切り立った大地が林立する様は壮観です。

そして、その大地から1,000mの落差を落ちる滝エンジェルフォールは圧倒的な水量ながら落差がありすぎるため、滝つぼがありません。ベネズエラが世界に誇る文字通り世界級の大自然です。地球の悠久の歴史を垣間見ることで、永遠の時に浸ることできます。

プロの登山家ではなくとも登ることのできるテーブルマウンテンもあります。ロライマ山が最も有名です。6日程度のツアーに参加して、テント泊でジャングルを抜け、川を歩いて越えるという内容です。文明のない場所をひたすら歩きますので、それなりに体力も必要です。シャワー等はもちろんありませんので、道中の川で身を清めることになります。移り変わる植生も素晴らしいですが、やはり頂上は圧巻です。テーブルマウンテンの頂上は独特の地形で異世界、太古の世界を思わせます。頂上の切り立った崖から下を覗き見ることも壮観です。是非、この冒険的なツアーに参加し、頂上を目指してみて下さい。

南米大陸では、熱帯雨林の圧倒的な緑、生命力を見ることができます。上流のアマゾンであれば、コロンビア、中流、下流であれば、ブラジルが良いでしょう。多くの宿泊施設がアマゾン川沿いにあり、森林と河川の両方を満喫することができます。また、中米になりますが、コスタリカもその圧倒的な大自然で有名です。特に、コルコバード国立公園は圧巻でした。最も生物多様な最後の秘境とも呼ばれている熱帯雨林と太平洋を両方楽しめる大自然に恵まれた環境を有しています。

南に目を移せば、世界最大級の氷河を見ることができる氷河公園がアルゼンチンにあります。大きな氷河が押し出され、水中に陥落する様は必見です。温暖化で氷河は年々縮小していますので、早く見に行った方が良いかもしれません。

そこから更に南に進むと地球上で最も南にある町ウシュアイアがあります。スペイン語で世界の終わりと書かれた町には南極への出発基地としての機能以外にこれといったものはありません。ただ、最南端にある町という独特の雰囲気を感じることができ、地の果てまで来た感覚が持てます。

山好きであれば、地球上でヒマラヤ以外に唯一7,000m級の山がある、アンデス山脈に登ってみて下さい。ペルー、チリには美しい高山がありますし、アルゼンチンのパタゴニアも有名です。アルゼンチンのサン・カルロス・デ・バリローチェのような高山リゾートもありますし、富士山に似たオソルノ山という円錐形の美しい山がチリにあります。

南米は日本の裏側にあたる対蹠点にあたりとても遠いです。しかし、その距離をもってしても訪れる価値があります。この大陸を是非一度は訪れてみて下さい。その大自然のスケールに圧倒され、世界観が変わるのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

葉山 拓哉
葉山 拓哉国際金融コンサルタント、投資家
世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。

【無料レポート】GetRichSlow(着実に豊かになる方法)

世界銀行グループの元職員。140ヶ国を歴訪したお金のプロが教える「お金」と「会社」から自由になる方法



すべての無料レポートは、こちらかダウンロードすることができます。

この記事が気に入ったら いいねしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。