誰と旅に出るべきなのか?

From 葉山 拓哉

旅行でさえ、無意識的に目的に支配されている

皆さんは一人で旅に行くと淋しいと考えますか。私は全く思いません。

淋しいと考えるのは旅が娯楽であり、レジャーだからです。確かに一人で遊びに行くよりは友人等と行った方が楽しいでしょう。私にとって旅とは多くの場合、娯楽ではありません。世界をより広く、深く理解し、自分自身をより成長させる行為です。そのため、志向を共にしない人とであれば、一人で行く方が望ましいということになります。また、一人で向かったところで、言語が通じる場所であれば、一人だとより多くの現地の人と話す機会がありますので、一人になることはありません。

皆さんは一人で出張に行くことを淋しいと考えないと思います。それは、出張には目的があるからです。皆さんの人生、旅に明確な目的ができれば、旅に一人で行くことも普通です。居合わせた人と適度な社交をしながら、堂々としていれば、誰もあなたのことを淋しい人とは思わないでしょう。現地の文化、歴史に興味を持ち、基本的な理解に基づいて、考えられた質問をしていれば、現地の人からの印象も良いでしょう。

私が中東を旅していた時も、単身で旅を続けている世界各国の女性に会いました。単身の男性よりははるかに気を遣う旅にはなるでしょうし、不快な目にもあうのでしょうが、危険な目にはあわなかったという意見が大半です。明確な意思、目的があれば、問題ないのです。

もちろん、志向が似た人と都合が良い時に一緒に旅に出られるのであれば、一番理想的でしょう。多くの場合、経済的にも有利ですし、安全性も大きく高まります。そして、そういった実利以上に感動とその瞬間を誰かとともにできるというのは非常に大きなメリットです。一人の時以上に大きく、そして持続性の高い感動をあなたの人生にもたらすことができると思います。

一番大事なのは自分のしたい一歩を踏み出すこと

ただ、あなたが行きたい場所があるのに、したいことがあるのに、一人だから、と遠慮していることがあれば、遠慮は要りません。一人で勇気ある一歩を踏み出してください。むしろ、一歩踏み出したあなたは、あなたと思いを一にする人にそこで会えるかもしれません。なぜなら、あなたと同じ志向を有する人が集まる場所に向かうことになるからです。人生は、特に若さ、感性は有限です。少しでも早く前に踏み出しましょう。

人生に目的意識がないときの損失は大きい

本サイトはあなたがお金持ちになり、豊かな生活を送るためのヒントをお伝えするものです。多くの記事の中で、目的意識の明確化を持つように提案させて頂いています。あなたが娯楽だと思っていたかもしれない旅でも、目的意識が大きな違いを生むのを理解頂けたでしょうか。そして、多くの人にとって娯楽である旅ひとつでこの違いですから、人生となるとそれは大きな違いを長期間に渡って生み続けるというのを感じて頂けたでしょうか。

今日からでも遅くはありません。

投稿者プロフィール

葉山 拓哉
葉山 拓哉国際金融コンサルタント、投資家
世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。

【無料レポート】GetRichSlow(着実に豊かになる方法)

世界銀行グループの元職員。140ヶ国を歴訪したお金のプロが教える「お金」と「会社」から自由になる方法



すべての無料レポートは、こちらかダウンロードすることができます。

この記事が気に入ったら いいねしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。