英語力を養成する

From 葉山 拓哉

外国語習得のコツを考える

英語の必要性が日本でも認識されてから久しいですが、それ以降国民の英語力はどれ程伸びたのでしょうか。訪日観光客の急増に合わせて、観光業を中心に需要が劇的に増加したため、一部では必要に迫られた著しい飛躍も見られたかと思います。一方でそれ以外の分野ではあまり進歩がないというのが、残念ながら実感ではないでしょうか。ここでは英語を外国語として修得するコツを考えてみたいと思います。

日本の外国語教育を再考する

英語に関する日本の学校教育は役に立たないと言われますが、会話については正しい認識だと思います。というのは、文部科学省は英語教育を語学教育ではなく、論理的思考能力養成という名目で実施していた経緯もあるからです。そもそも読解にほとんどの時間が割り当てられてしまっています。

読み書きばかりの日本の学校英語教育ですが、理にかなった点もあります。母国語で考えてみると分かりやすいですが、読めないものは聞こえません。また、通常は読む方が聞くよりは速度を速めることができ、かつ理解も高めることができるでしょう。また、書けないことは話せません。書ければ、話すことができます。つまり、読み書きに習熟し、速度が上がって来ると聞く話すことの速度も上げられるということです。

聞く話す能力を伸ばすには?

聞くことで重要なことは知らない音、つながる音、つながり方、抑揚を理解することです。これにはシャドーイングと呼ばれる言語の発音をそっくりそのまま後追いして真似る方法が有効でしょう。上級者の訓練でも使われる手法です。何日か練習してみるとその効果にびっくりするでしょう。私が実際に用いた訓練の中で、圧倒的に成果が高かったのが、これです。

話すについては、日本語にない音は筋肉の養成から始める必要がありますので、ある程度の訓練が必要になります。また、呼吸法も浅い日本語の呼吸から腹式呼吸でお腹から低い声を出すように変えていく必要があります。日本語では子音だけで発音することはありませんので、子音だけで発音できるように練習する必要もあります。母国語の人は誰でもできることなので、つまり練習すれば誰でもできるようになるはずです。

言語の類似関係は地理的な距離の関係と類似しています。英語圏と日本語圏は地図で見ると一番離れているのをお分かりいただけるでしょう。そのため、言語的にも非常に多くの違いがあり、日本語を母語とする人には英語の修得により時間がかかるのです。諦めて他の国民より多くの時間を投入するしかありません。

会話であれば、会話のネタ(外国人と共通の理解があり、ある程度共有できる話題があること)が十分に身に着いていればあとは慣れるだけです。会議、プレゼンテーション、商談も同様です。使われる単語、表現等が一通り分かってくれば、自信を持ってできるようになってきます。ある程度の慣れが必要なのです。

語学能力以外に重要なものとは?

語学そのもの以外ということであれば、多くの能力があなたを助けてくれます。外国語といっても本質的な目的は意思伝達、意思疎通です。非言語的なコミュニケーションも多々あります。一番重要なのは、自信でしょう。最終的には経験と実績に裏付けられた自信が重要ですが、まずは形から入って良いと思います。自分よりずっと大柄な人達を相手にするのであれば、体格や鍛えられた肉体も堂々と話す自信をもたらしてくれるでしょう。服装も大きく影響します。仕事がらみであれば、お気に入りの一番上質のスーツを着ると良いでしょう。

AIや技術進歩で外国語の習得が不要になる日が来るのは間違いなさそうです。しかし、まだまだ時間がかかりそうですし、特に欧州言語と日本語の実用的な翻訳機の登場は更に先になるはずです。外国語はお金にもなりますので、修得すると便利で有利です。但し、時間がかかるので、腰を据えて取り組む必要があります。資格を利用すると進捗状況を確認でき、継続して取り組みやすくなるのではないでしょうか。

高い語学力と専門性があれば引っ張りダコ

日本の外国語教育はコミュニケーションという観点で考えると、ご理解の通り効率が悪いものです。しかし、与えられてしまったものを嘆いても仕方ありません。使えるところは使いながら、足りないところは自分で補っていくしかありません。外国語と高い専門性を併せ持った人材はどの分野でも非常に限られています。特に、日本語の分野ではそうですし、人手不足の日本では絶望的に人材が不足しています。多くの高収入の雇用機会が採用適格者不在で没になっているのです。あなたが、その高みに近づけば、独立している場合だけでなく、会社員としての生き方も大きく改善されるでしょう。

投稿者プロフィール

葉山 拓哉
葉山 拓哉国際金融コンサルタント、投資家
世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。

【無料レポート】GetRichSlow(着実に豊かになる方法)

世界銀行グループの元職員。140ヶ国を歴訪したお金のプロが教える「お金」と「会社」から自由になる方法



すべての無料レポートは、こちらかダウンロードすることができます。

この記事が気に入ったら いいねしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。