何故、日本の個人投資家は米国ドルを保有する必要があるのか

From 葉山拓哉

何故米国ドルを保有する必要があるのか

私は日本の投資家はFXを学び、米国ドルを保有する必要があると考えています。なぜなら、金融商品に限らず、世界で取引されている商品の多くは米国ドル建てであるため、ドルの動きを理解せずして、賢明な投資をすることが難しいからです。これは、純粋な日本株にもある程度当てはまります。

日本経済の輸出入への依存度は高くありませんが、それでも上場銘柄となると為替の影響が出てきます。業績への影響だけでなく、日本の株式の取引残高の7割程度を外国人が占めるからです。彼らは当然ドル建てで株価を見てきます。

また、輸出入の依存度が高くないとはいえ、日本の内需はとても安定しているが故に、変数部分となる世界の経済動向の影響を大きく受けます。世界の経済動向は当然米国ドルの影響を色濃く受けます。

つまり、米国ドルの影響を排した投資を考えることは難しいのです。また、世界的な商品は基本全てドル建てです。エネルギー関連資源、商品、貴金属等は全て基準価格がドル建てです。例えば、金の日本での価格というのは世界における金自体の価格(ドル建て)とドル円の為替レートから形成されることになっています。

そのため、金自体が安い時に購入しても、安く買えるとは限りません。為替が円安であれば割高になってしまいます。また、金はドルと負の相関にあるため(金が高い時はドルが安い)、日本円から有利な金額で金を買うのは容易ではありません。

上記のような金の特性を考えると、投資をするときには、その金額の構成要素に分解し、それぞれを有利な条件で購入することが有利なことにすぐに気が付くでしょう。この考え方は他のすべての金融商品に当てはまります。

日本円だけを保有することのリスクは微増傾向

更に、日本経済は世界経済の5%程度に過ぎません。また、少子高齢化等人類史上において大変難しい課題を抱えています。さらに、世界史的な水準までに積みあがってしまった国債等、盤石の経済基盤とは言えない状況です。

この環境で皆さんの命の次に大事な資金を日本円に集中させておくことはあまりお勧めできないのです。そのため、世界通貨としての米国ドルの保有を検討することは不可欠です。

FXを学ぶ意義

ドルだけを最も有利な条件で取得するために必須の取引がFXです。「外貨預金感覚のFXの利用方」等の記事で紹介していますが、FXを利用する理由は最も費用が安く、資金効率が高いからです。短期志向の取引に使うのではなく、外貨預金代わりに利用するのです。

仮に皆さんが資金の一部をFXの短期取引に利用しても悪いことはありません。確かに短期取引であれば、ギャンブル的な側面が大きくなります。それでも、世界一効率の良い(勝率の高い)ギャンブルの一つでしょう。それは、取引が透明で手数料が圧倒的に低いからです。ただし、資金が小さいうちは、短期取引は避けておいた方が無難でしょう。

FXを有効に活用し、皆さんも自身の投資の水準を高めて行って下さい。

投稿者プロフィール

葉山 拓哉
葉山 拓哉国際金融コンサルタント、投資家
世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。

【無料レポート】GetRichSlow(着実に豊かになる方法)

世界銀行グループの元職員。140ヶ国を歴訪したお金のプロが教える「お金」と「会社」から自由になる方法



すべての無料レポートは、こちらかダウンロードすることができます。

この記事が気に入ったら いいねしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。