会社員力を磨く

From 葉山拓哉

会社員のメリットを再考する

本サイトでは、会社員だけでは豊かになれないという厳しい現実の中、複業や投資を推奨しています。しかし、本稿では会社員の魅力を見直してみたいと思います。

やはり、会社員の一番の魅力は手軽で、安定していることでしょう。皆さんが受けられてきた学校教育も基本的には会社員養成所です。組織の一部として機能するだけですし、役割も限定的なため、個人に比べると圧倒的に集客・販売・集金等が容易です。また、給与の振込もほぼ確実に定期的になされます。休みも取りやすいです。こんな特権を自分から放棄してしまうのは惜しくもあります。

ある程度資産がある50代の方で、退職してしまったものの会社員に戻りたいという方が私の周りに複数います。会社員をしなくても生活には全く困らないようですが、暇を持て余しているのです。一方で、自分でゼロから何かを始めるという程の気概もありません。まさに、社会への帰属感を得るためにも会社員は打って付けなのです。雇用してもらえると選択肢が一つ増えますので、組織が雇用したがる会社員力がある人は有利です。

成功する会社員のパターンとは?

会社員を全くやらずして、起業家や投資家として大成する人は非常に少ないので、ほとんどの人が会社員を一定期間経験することになります。私の知り合いで経済的に成功する人達の多くはまず、会社員として抜きんでた実績を出します。そして、社長や大株主と目標だけを合意し、手法は裁量に任せてもらう契約に持ち込みます。結果を約束し、過程は任されていますので、実力があれば午後早い時間に、会社の業務が終わるという状況になります。そして、自分の事業を立ち上げ、起業家として大きな利潤を手にしています。

上記がよく観察され、かつリスクも低い成功パターンと認識しています。ただし、これは一流企業や大企業ではなかなか認められません。そのため、一流企業や大企業にお勤めの場合は、勇気を持って実力次第で交渉が可能な小振りの組織に移籍することを検討してもよいでしょう。一流企業や大企業勤務という肩書はなくなり、社会的な信用力は落ちてしまいます。しかし、資金と時間の両方にゆとりある生活を享受したいということであれば、世間映えする肩書は諦める価値があるかもしれません。

大企業から中小企業へ移籍するメリット

自分で稼ぐ実力と自信があるなら、そもそも一流企業の信用力は必要ではありません。自分自身の名前で勝負できますので、融通の利く場所への移籍を真剣に検討した方がよいでしょう。

皆さんが会社員の生活に絶望しているとすると、それは契約条件が悪いからです。まずは能力を磨き、圧倒的な実績を出せば、必ず評価は付いてきます。人材不足の現状で能力と実績のある人財の取得競争は激烈です。皆さんが組織に貢献する立場になれば、組織への交渉ができる立場になります。ここで自分にストレスがない契約にすることができれば、会社員の生活も全く悪くないものとなるでしょう。

また、ある程度資産が蓄積され、余裕のある会社員をしている人は、会社員の立場に感謝しています。自分の体一つで安定収入を得られるメリットは計り知れません。組織でしかできない仕事は大規模で面白いものがたくさんあります。

まずは、会社員力を高め、安定した生活の保険としましょう。もちろん、一人で実力を試したいという、より厳しい起業の道を志す方は大変すばらしいことです。志の高い方は、会社員はあくまで保険として、自分の道を行きましょう。

起業するほどの気概がないという人でも有利な条件での交渉を可能とする実績を積み上げれば、ストレスの小さい会社員になれる可能性があります。そうすれば、そもそも会社から自由になるという発想を持つことなく、安定した組織と一定の収入を得られる格好の機会になるのではないでしょうか。

資産所得があれば、会社員としてのメリットも大きくなる

そして、雇用条件の交渉をする際に資産所得は大きくものを言います。給与以外の収入源が複線化されている人は精神的にも安定していますし、不利な条件での会社員という立場に縛られないため、落ち着いた交渉をすることができるのです。

会社員力を高めて、あなたの価値を大きくしましょう。そのためにも、投資と複業で収入源の多角化、最大化を進めましょう。

投稿者プロフィール

葉山 拓哉
葉山 拓哉国際金融コンサルタント、投資家
世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。

【無料レポート】GetRichSlow(着実に豊かになる方法)

世界銀行グループの元職員。140ヶ国を歴訪したお金のプロが教える「お金」と「会社」から自由になる方法



すべての無料レポートは、こちらかダウンロードすることができます。

この記事が気に入ったら いいねしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

世界銀行グループ(ワシントンDC本部、新興国現地事務所)、投資銀行(ニューヨーク、ロンドン、東京)にて勤務。 世界各国で約50の投融資案件に携わり、新興国を含む世界の金融・経済情勢に精通。自己資産は世界中のあらゆる商品に投資。世界有数のビジネススクールを卒業し、世界銀行グループにおいても世界の一流の人材と親交を深める。一方で、冒険家・旅行家として世界140ヵ国へ歴訪。傍ら、アフリカ、欧州等の大陸最高峰への登頂を果たす。